ハウスのニーム

ハウス内の気温が大分下がってきた。11月に入ってからの平均気温が約7℃。露地植えしたニームよりも葉の黄変が多いがまだ青々している。
一寸実験、ハウスの地面にビニールシートを敷きその上にカーペットを敷いた。3鉢のうち1鉢はそのまま、もう1鉢は段ボール箱に入れ隙間もダンボールを詰め込み、残りの1鉢はカーペットを巻きつけ鉢の上に炭を詰め込んだ。保温効果のほどはよく分からないが今年はストーブをつけないで見ようと思う(下写真)。

画像

2鉢目の露地栽培に挑戦

2007/11/11 2鉢目の露地栽培に挑戦
藁が手に入ったので2鉢目の露地植えを実施する事にした。
11/5に草間氏のコメントで(土中にも温度対策が必要と思います。炭の粉などの保温効果が期待できる資材も入れてみてはどうでしょうか)。とアイデアを戴いたのでホームセンターで木炭を45kg購入した。1鉢目のニームから1㍍離した所に穴を掘り、掘り出した土は木炭15Kgと混ぜ合わせておき、鉢からニームを取り出し底上げの網を外し(前回は植え替えの時に網を付けたまま植えてしまった)、穴の中に入れ上から先ほど木炭と混ぜ合わせた土をかけて均し幹に藁を巻きつけ、土上に30kgの木炭を均しその上に藁を敷きその上から前回と同様に藁が風で飛ばされないように防虫ネットを被せて固定した。作業時間は1時間ほどだったが始めたのが遅かったのですっかり暗くなってしまった(下写真)。

画像


左1鉢目のニーム、右2鉢目のニーム(下写真)。

画像


2007/11/17

露地植えしてから17日(2鉢目は1週間)たった。外気温の平均は大体10℃。去年の今頃は葉が全部落葉して枯れ木のようだったが今年(3年目)のニームは多少黄変した葉が出ているがまだ青々としている(下写真)。

画像


露地植え断面図(下写真)。

画像


ちょっと悲しい新発見

ニームを購入し直ぐに大き目の鉢(プラ容器)に植え返した時に倒れないよう支柱を立てたのですが、二年後の今2メートル近くまで成長した(下写真)

画像


幹と支柱を留めていた紐が古くなっていたので取り替えるために紐を外したらご覧のように(下写真)ニームが寝てしまった、自力でまっすぐに立てないでいるのです。なぜ??普通の木だったらまっすぐ立っているのに。

画像


露地栽培に挑戦

露地栽培に挑戦

今年で3回目の冬を迎える我が家のニーム、毎年今ぐらいの時期から気温低下とともに落葉し幹だけになっていたのだが、今夏の成長が著しく良かったせいか多少黄変した葉も有るが今年はまだ青々としている。2メートル近くまで成長し幹も2センチ近くまで太くなった。
露地栽培もしてみたいと考えていたのだが寒さに弱いニームを氷点下になるこの場所では無理かと諦めていたところ、「健康にも環境にもよく効く樹」の著者で草間章宏氏のブログに、雪が1㍍以上積もり氷点下にもなる福島で露地栽培をしていると言うレポートがアップされていたので、それを参考に自宅の庭に植え替えを行なった(下写真)。

画像


地温が下がらないようにするための藁が余り無かったので幹中心に藁を敷いた上に草刈で集めた雑草を敷きその上に網をかけて(我が家の庭はかなり強い風が通るので飛ばされないように)固定してみた。又幹にも防寒対策として藁を巻いてみたのだが効果は疑問。(下写真)

画像